スノースクートは、スキーやスノーボードよりも比較的簡単に乗ることができると言われています。よりスピーディーに上達したい、楽しく乗りこなしたいという場合は、乗り方のポイントを押さえておきませんか?定期的なメンテナンスをしておくと、安全性が高まりより快適に楽しむことができます。

スノースクートに乗る姿勢

スノースクートに乗る姿勢

スノースクートを乗りこなすためには、正しい姿勢で乗るのがポイントの一つです。正しい姿勢ができていないと余分な力が入りやすく疲れやすくなりますし、素早い対応もできなくなってしまうので、基本姿勢はかなり重要です。

スノースクートに乗る時は、ハンドルを持ってヒジと膝を軽く曲げます。背中も真っすぐではなく軽く曲げます。良い姿勢をキープするためには、全身に力を入れずにリラックスさせること、また視線は近くを見るのではなく、遠く広い範囲を見るようにするのがポイントです。

ターンのコツ

スノースクートは、スキーやスノーボードとは違ってハンドルがあり、バランスを取りやすいのですが、ターンをする際には急にハンドルを切ったり、ハンドルの操作だけでターンしようとすると上手くいきません。ターンをする時は顔をターンする方向に向けてハンドルは少しだけ切ります。そして、身体を山の斜面に倒すように内側に傾け、体のバランスによってコントロールしていきます。

連続でターンする際は、最初のターンで真横になる前に次のターンを行います。この時もハンドルを急に切るのではなく、顔をターンする方に向け、体を内側に傾けるのがポイントです。視線がしっかりと進行方向を向いていないとバランスをとるのが難しくなるため、顔の向きも意識しましょう。ターンの練習をする時は、できるだけ大きな円を描くようにするのがおすすめです。

スキーやスノーボードと同類のウィンタースポーツ

スノースクートを始めたばかりの方の中には、スキーやスノーボードは既に経験しているという方もたくさんいらっしゃるでしょう。エッジのついた板で雪の上を滑る同類のスノーアクティビティです。ハンドルや板のしなりとエッジを利用しターンをしたりブレーキを掛けます。

スノースクートのメンテナンスは?

スノースクートのメンテナンスは?

スノースクートを安全・快適に楽しむためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。滑りを良くするためにボードにワックスをかけるのは基本中の基本です。ノースポイントでは、ヒーターBagを使ってワックスを浸透させる「ペネトレーションWAX」の施工を行っています。

シーズン前のメンテナンスにぜひご利用ください。その他、溶けた雪が再び凍結し部品の破損を防ぐために、しっかり雪を取り除いて乾燥させたり、各部のねじにゆるみが無いかを確認したり、前後のボードに均等に雪が接するようボードレベルの調整をしたり、定期的にしっかりメンテナンスをしましょう。

スノースクートの購入を検討している方は、ノースポイントへお問い合わせください。北海道札幌市の店舗でお買い求めいただくのはもちろん、通販にも対応しているため、全国からご注文いただけます。ご自身で組み立てていただく分解発送、または組立済みのものを発送することも可能です。組立済み発送は、専用のオリジナルボードレベル測定器具を使い、圧倒的な正確さで調整してお送りします。ご注文時指定いただいた際は、お好みのボードレベルセットで出荷いたします。スノースクートの購入でしたら、ぜひノースポイントへ!

スノースクートのレンタルや購入をお考えの方へ

販売業者 有限会社ノースポイントジャパン
屋号 ノースポイント
運営統括責任者名 前田 光久
住所 〒065-0027 北海道札幌市東区北27条東22丁目3−2
電話番号 011-782-2800
FAX 011-782-2828
定休日 毎週木曜、月1回水曜休
営業時間 10:30~19:30(日、祭19:00)
メールアドレス info@northpoint.co.jp
URL https://www.northpoint.co.jp/